後遺症が残る場合は弁護士に相談

交通事故において賠償金の交渉を自力でしていくのは非常に困難です。相手側の保険会社は基本的には安い額の賠償金額を提示してきますし、こちらの過失がゼロの場合は示談交渉をこちら側の保険会社が行うということもありません。

そのため、どうしても自力で行おうとすると相手側の保険会社や弁護士などプロのやり方に翻弄されてしまうことが多く、結果的に症状に見合わない安い賠償金で示談を成立させてしまうということにもなりかねません。そのため、示談交渉や、後遺障害認定や等級の申請を行う前に弁護士に相談した方が良いでしょう。

弁護士費用がすぐに良い用意できない場合は成功報酬の何%かを報酬金として設定している弁護士事務所もありますので、そうした初期費用の安い、あるいはまったくかからない弁護士に相談しても良いでしょう。弁護士に委託すると、面倒な障害等級の申請書類を集めたり、相手側の保険会社との交渉をしたりすることなどもすべて委託することができますので、精神的なストレスも少なく済みます。

また、こちら側にも弁護士がいることによって相手側の保険会社も無理な要求もしにくくなり、交渉をこちら側のペースで進めていくことが可能です。面倒と思わず、最初から弁護士に相談することにはこうしたメリットがあるのです。

どのように等級の申請をするのか

参考サイト|交通事故 後遺症
アディーレ法律事務所 ... 後遺障害(後遺症)とは | 交通事故の慰謝料・弁護士相談ならアディーレ法律事務所